振袖

ママ振袖のクリーニングで気を付けたい事3選+α3選を紹介

2022年3月13日

30年前の自分の振袖を娘に着せたいけどクリーニングする時に気を付ける事はありませすか?できれば時間とお金をかけないで済ませたいんです。気を付ける所を教えてほしい。

 

そんな質問にお答えします。

 

この記事ではママ振りのクリーニングする時に気を付ける点3選+α3選を紹介します。

 

振袖をクリーニングするには最低40日は必要です。

 

しみ抜きをお願いする時は40日以上かかります。

 

家族の大事な節目に失敗はしたくないですね。

 

余裕をもって対応しましょう。

 

この記事を読んで欲しいひと

  • ママ振りのクリーニングで気を付ける事を知りたい
  • ママ振りをクリーニングする時の料金を知りたい
  • ママ振りで成人式を迎える時に注意することを知りたい

 

最後まで読んでもらえたら幸いです。

 

ママ振袖のクリーニングで気を付けたい事3選

ママ振をクリーニングする時に考えておくべき事があります。

 

  • ママ振のクリーニングは早めに出す
  • クリーニングは専門に任せる
  • 長襦袢も併せてクリーニングする

 

少し詳しく解説します。

 

ママ振のクリーニングは早めに出す

ママ振の準備は早めにしておくことをおススメします。

 

なぜかというと着物のクリーニングは約40日かかる為です。

 

ママ振りともなれば、クリーニング+しみ抜きなどの加工が発生すると考えておく必要がありますね。

 

できるだけ早めにクリーニングに出して現状の確認をおススメします。

 

クリーニングは専門に任せる

ママ振をクリーニングに出す所がわからない場合でも近くの着物専門店に出す方が良いです。

 

地元のクリーニング店に出して着物が縮む、色焼けするといったトラブルになるケースも良く聞きます。

 

着物専門店では丸洗いや京洗いという石油系やフッ素系の有機溶剤を使ってドライクリーニングを行います。

 

袖口や裾周り、衿元を入念に確認しながら職人が丁寧に手仕事で余洗いしていきます。

 

もしシミ直しや、ほつれなどがあれば見積もりも同時にしてくれます。

 

地元のクリーニング店ではお直しのしみ抜きやほつれ直しのお直しの配慮はしない事もある為、万全に成人式を迎える為に着物の専門店に出すことをおススメします。

 

今ではネットで在宅着物クリーニングができます。

 

【ネットで完結】着物クリーニング3社比較。実績拮抗、特典やオプションに注目で解説しています。

 

【ネットで完結】着物クリーニング3社を徹底比較。評判や口コミは?

続きを見る

 

クリーニング後に保管までするサービスがあるようです。

 

長襦袢も併せてクリーニングする

ママ振と一緒に着ていた長襦袢のクリーニングも忘れずに出しましょう。

 

振袖の事ばかり気を取られて肝心の長襦袢を忘れる事があります。

 

セットで必ずあるはずなので、お忘れなく。

 

同時に考えておくことは半衿を付け替える事です。

 

今は刺繍の物やレースのものなどあり、半衿を変えるだけで今風のアレンジができます。

 

半衿を付けたままの長襦袢は皮脂汚れで黄ばんでいる物が大半です。

 

半衿のしみ抜きほど無駄なものはありませんので付け替えをしましょう。

 

半衿は高い物でも1万円ほどで、刺繍の半衿は安い物だと1,000円ほどで揃うものもあります。

 

半衿の付け替え代金は2,000円ほどと考えておきましょう。

 

ママ振のクリーニング+αで考える事3選

ママ振はシミが付いている

ママ振りの直しで一番多いものは、シミ抜きです。

 

厳密にいえば、付いたシミが酸化する「黄変」になっている場合が多い為、黄変直しが必要になります。

 

シミ抜きの1.5倍の費用が掛かります。

 

加工日数もかかる為、早めに処理しておきましょう。

 

着物のシミが黄変になる事を知ってますか?
着物のシミが黄変になる事を知ってますか?【目安は○○年です】

続きを見る

 

ママ振はしわが付いている

20年、30年和タンスの中の振袖はシワが付いていいます。

 

着物のメンテナンスは忘れ去られるものです。

 

ついこの前と思っていても何年も経っていることがあるのが着物の世界ですね。

 

年月とともに振袖にもシワが入ります。

 

丸洗いをすればプレス加工までされて納品されますので、シワが気になったら、丸洗いをしておきましょう。

 

軽い皮脂汚れがあってもドライクリーニング+プレスもかかります。

 

ママ振は臭いが気になる?

購入当時の振袖はメンテナンスの事まで頭に入っていませんよね?

 

とりあえず防虫剤やナフタリンを大量に入れて保存されるのが着物の宿命ですね。

 

色んな保存剤を入れられた和タンスは嫌な臭いが発生して、着物に付着して取れません。

 

着ると事で嫌な臭いが軽減されるものですが、振袖ともなると、毎年着ることはありません。

 

長期保存が続いた振袖は防虫剤やナフタリンの影響で臭いが付着します。

 

久しぶりに和タンスからだした着物の臭いが気になる人は

 

樟脳 (しょうのう)臭い着物の消臭軽減4選+1を紹介します。

続きを見る

 

ママ振袖のクリーニングで気を付けたい事3選+α3選を紹介|まとめ

ママ振りをクリーニングに出す時に気を付ける事は

 

  • ママ振のクリーニングは早めに出す
  • クリーニングは専門に任せる
  • 長襦袢も併せてクリーニングする

 

という事を忘れないようにしましょう。

 

長く振袖を保存している場合は

 

  • シワになっていたり
  • シミになっていたり
  • 嫌な臭いがついていたり

 

と嫌なことになっています。

 

早めに対策をとっておくことをおススメします。

 

振袖があるから安心と考えている人もある程度の時間と費用が必要です。

 

参考になれば幸いです。

 

それでは。

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

〈スポンサーリンク〉



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kiyosan

▶着物専門店の現役店長▶着物業界20年勤務▶ブログ47,000人90,000PV達成▶アニメ・漫画オタク▶既婚1男1女の父▶愛猫家▶口下手・恥ずかしがりや 末永くお付き合いください。

© 2022 キモノ部屋 Powered by AFFINGER5