着物普段着

爽竹長襦袢のレビュー!!販売のプロが太鼓判を押す4つの理由

2020年2月4日

悩む女性
東レの洗える長襦袢「爽竹長襦袢」って良いって聞くけど実際どんな長襦袢なんだろう?特徴やメリットが知りたい。

 

爽竹長襦袢は1年で一番売れている洗える長襦袢です。今回はプロおススメの「爽竹長襦袢」をご紹介します。

 

この記事を読んで欲しい人

  • 暑がりだから洗える長襦袢が欲しい
  • 爽竹長襦袢の特徴を知りたい
  • 爽竹長襦袢のメリットはどんな事?

 


 

爽竹長襦袢のレビュー!爽竹長襦袢の特徴

地球温暖化がすすみ1年を通じて暑いと感じる方も多くなってきました。

特に着物を着る時に不快なおもいをしたくない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は私の経験上最もおススメする「爽竹長襦袢」のレビューをしてみたいと思います。

これで貴方の快適な着物ライフのお役立ちが出来たらと思いますので最後までご覧ください。

爽竹長襦袢の素材

絹やポリエステルの長襦袢との圧倒的な着心地の違いがあります。

 

ポリエステル75%に対してレーヨン(竹の繊維を複合した物)が25%の割合

 

肌に触れた時に、違いが分かります。サラサラとした質感でしなやかで、軽い!

 

この圧倒的質感を感じてみてください。感動体験間違いなしです。

 

爽竹長襦袢の色

爽竹長襦袢には、絹の長じゅばんと同じで、色がバラエティ豊かです。

【爽竹長襦袢:白】

一番のおススメは白です。

 

理由は、訪問着や付け下げ、色無地などのフォーマルの着物にも着用できることです。もちろん小紋や紬などのカジュアルの着物にも着用できます。白の長襦袢を1枚持っておくことで様々な着用シーンで活用できます。

 

まず迷ったら白の長襦袢をつくりましょう。

 

【爽竹長襦袢:色物】

着物の色に合わせで色んな色をセレクトできるところが良いところですね。

白を作った方が次に買われるのが色物です。

 

爽竹長襦袢の柄

爽竹長襦袢には、無地と柄物があります。

【爽竹長襦袢:無地】

柄が無く無地の長襦袢は基本的にフォーマル・カジュアルシーンでどちらでも着用できます。

特に白は着物で一番格式のある黒紋付(喪服)や留袖に着用される方もいるぐらいです。

万能で色んなシーンで活躍する長襦袢といえます。

 

【爽竹長襦袢:柄入り】

ネットや店頭では現在様々な柄の爽竹長襦袢が販売されています。

特に人と違うおしゃれを楽しむなら柄入りの長襦袢も良いですね。

着物に合わせてお気に入りの柄をさがしてみて下さい。

袖からチラリと見える長襦袢はオシャレですよね。

 

爽竹長襦袢のサイズ

爽竹長襦袢は既製品とオーダーで作る物があります。

【爽竹長襦袢:既製品】

S,M,L,LLがあるようですが、自分のサイズに合わせて購入しないと着物の袖口から長襦袢がのぞくことになります。袖の振りとのバランスが悪いと着姿もきれいに決まりません。

 

購入の際はサイズに注意したいですね。

 

初心者の方はまず既製品から始めてみてください。

 

【爽竹長襦袢:オーダー】

基本着物のサイズから2㎜程短く仕立てます。

 

自分の着物のサイズが分からない場合は今の自分の袖の長さを基準に仕立て上げたら、ピッタリで良いです。体型が気になる方や、自分で着付けをされる方は何かとサイズ感がきになる物です。

 

そんな貴方はオーダーで自分だけの一枚を揃てみても良いかと思います。


 

爽竹長襦袢を販売のプロが太鼓判を押す4つの理由【メリット・デメリット】

爽竹長襦袢のメリット

  • 絹の長襦袢より安い
  • 着用期間が長い(4月~11月)
  • 洗える・アイロンが掛けられる
  • ムレにくいアイロンが掛けられる

爽竹長襦袢のデメリット

  • 自宅でメンテンナスすると毛玉が心配
  • 真冬に着るには頼りない
  • たたむのが面倒
  • ハンガーにかけっぱなしにして型崩れの恐れがある

爽竹長襦袢と絹の長襦袢を比較

メンテナンス比較

絹の長襦袢は丸洗いが必要です。

暑い時期に着用すればプラス汗抜き加工も必要になる為、着用に伴い丸洗い代金がかかることになります。

洗える長襦袢なら自宅でネットに入れて洗濯できる為最強のコストパフォーマンスを誇ります。

衿元やちょっとした汚れも台所の中性洗剤を使用しても良い為、経済的です。

関連記事>>>着物をクリーニングに出す頻度は?【プロが解説します】

関連記事>>>【ネットで完結】着物クリーニング3社比較。実績拮抗、特典やオプションに注目

 

値段比較

絹の長襦袢の場合、反物で3万円前後が相場で、仕立て代+裏地代金で5~7万円ほどかかる計算になります。

「爽竹長襦袢」の場合が既製品で2万円~オーダーで4万円弱で揃える事が出来ます。

加えて先ほどの洗濯代金がほぼかからないというメリットがありますので、金額的に大幅な違いが出てきます。

 

反物からオーダー

 

既製品

爽竹長襦袢のレビュー|まとめ

着物はじめの方はまず既製品から始めましょう
色に悩んだらまずは白の長襦袢を作りましょう
絹の長襦袢と比較してもメリットしかない長襦袢です
メンテナンスも楽でコスパ最強の長襦袢です

時代と共に良い商品が出てきます。

貴女の着物ライフを豊かにするための一躍を担える商品を紹介しました。

温暖化に伴い着物を快適に楽しむためにもぜひゲットしておきたい長襦袢の紹介でした。

それでは。

〈スポンサーリンク〉




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kiyosan

着物専門店で20年程勤務してます。 冠婚葬祭・通過儀礼の着物 普段のカジュアル着物まで、オールラウドにアドバイスしてます。 家族行事は全部着物で参加した2児のパパです。

© 2021 キモノ部屋 Powered by AFFINGER5