着物普段着

50代なのに着物の色がピンクでは厳しいのかな?ピンクの着物って何歳まで着れる?

悩む女性
結婚する時に親から作ってもらった着物の色がピンクなんだけど、50代になってお祝いに着ても大丈夫かな?ピンクの着物って何歳まで大丈夫かな?教えてほしい。

 

そんな疑問にお答えします。

 

この記事では、50代でピンクの着物は厳しいのか?の疑問にお答えします。

この記事を読んで欲しい人方

  • 嫁入りに着物がピンク着物だけど・・・
  • 何歳まで着れるかな?
  • おかしくないかな?

若い時に作ってもらった着物が50代になった今でも着れる物なのか?解説します。

参考にご覧ください。

 

50 代でピンクの着物では厳しいのか?

結論は人それぞれです。

年代関係なしに、自分にしっくりくる着物の色は人それぞれであって50代でピンクが似合う人もいれば年代問わずピンクが似合わないひともいます。

もし、お悩みの人がいれば、一番簡単な見分け方は、自分の肌の色がブルーベースかイエローベースかで大まかわかります。

肌の色がブルーベースの人はピンクの着物を着ても年代問わずに着ても大丈夫です。

肌の色がイエローベースならピンクの着物は避けた方が良いでしょう。

例えば、洋服でもピンクの洋服に違和感があれば着物も同じと言えます。

年代は関係ありません。

どの年代でもピンクが似合う人もいれば、似合わない人もいます。

50代になった貴女が普段ピンクの洋服を着ないようであれば着物も避けた方が良いでしょう。

 

好きな色と似あう色は違う

洋服でも、色自体は好きだけど、いざ、着してみるとなんか似合わないなという経験はありませんか?

着物の色も同じことが言えます。

好きな色と、似合う色は違うという認識をもっておきましょう。

「似合う色」とは、その人が持っている目の色や肌の色、髪の色などに調和している色の事を言います。

顔周りに似合わな色を使うと・・・

ココに注意

①顔色が悪く実年齢より老けて見える

②シミやしわ、たるみが目立ち肌がくすんでかさついた印象になる

③不健康に見える

④身に着けているものが安っぽく見える

⑤着太りして見える

などの悪影響があります。

逆に、顔の周りに似合う色を使うと

ココがポイント

①健康的で若々しく見える

②シミ、しわ、たるみが目立たなくなるり、肌に透明感が出る

③健康的に見える

④身に着けているものが高価に見える

⑤着やせして、スタイルも良く見える

という効果があります。

似合う色とは、その人を健康的に輝かせて見せて、魅力を引き出す色を言えます。

 

少し意識してみてくださいね。

 

50 代で着物の色がピンクでは厳しいのか?|まとめ

50代でピンクの着物が着れるかというと、人それぞれと言えます。

似合う人もいれば、似合わない人もいます。

その人の個性共いえますので、一度着物を着てみて判断することをおススメします。

セオリーはありますが、似合う色、似合わない色はその人それぞれ違いますので、自己で判断して下さい。

もし、判断が難しければ、専門店に相談すれば、答えを出してくれます。

もし曖昧な判断された場合は信頼に値しないと割り切ってください。

昔も今も信頼のおける着物専門店は白黒はっきりした判断をしてくれます。

それでは。

〈スポンサーリンク〉




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kiyosan

着物専門店で20年程勤務してます。 冠婚葬祭・通過儀礼の着物 普段のカジュアル着物まで、オールラウドにアドバイスしてます。 家族行事は全部着物で参加した2児のパパです。

© 2021 キモノ部屋 Powered by AFFINGER5