通過儀礼

【50代女性】結婚式で着用するベストな着物は?立場や季節、会場の雰囲気で決めましょう。

悩む女性
久しぶりに結婚式に呼ばれました。ドレスやスーツで行くのも気が引けるし、年齢も考えていっそ着物で出席してみたいけど、どんな着物がベストかわかりません。50代になり、着ていくものに不安も感じるこの頃・・・

 

そんな質問にお答えします。

 

最近着物で結婚式に参加したいという声も多くなってきました。

そこで本記事では、50代の女性が結婚式で着るベストな着物を紹介します。

この記事を読んで欲しい方

  • 出席する場面で着る着物が知りたい
  • ベストな着物は?
  • 購入?レンタル?どっちが得かな?

参列する立場や季節、披露宴会場の雰囲気など考慮して無理なく着物で参加したいものですね。

着物で参列するだけで、相手から本当に喜んでもらえます。着物姿が多いお祝いは本当に良いものだなぁと実感できます。

 

結婚式で着るベストな着物【自分の子供の場合】

周知の事実かもしれませんが、第一親等にあたる自分の子供の結婚式に着る着物は「黒留袖」になります。

黒紋付(喪服)と黒留袖は唯一女性の着物で5つ紋が入る第一礼装なります。

自分の子供の結婚式に着る着物は第一礼装の黒留袖以外はあり得ません。

といっても、黒留袖を買うとなると大変ですよね?少子化の影響でお子さんが一人という場合もあると思います。

留袖の購入を検討する場合は、現実的に親族であと何回着るかで計算する人もいます。

自分の子供が結婚する場合、甥や姪が結婚する場合、指折り回数を数えてみてください。

購入した方が経済的に良いのか?レンタルした方が良いのか?

しっかりした計画が大切です。

最近の着物専門店でも店頭で留袖を扱うところは少なくなりました。

問屋、メーカーも昔ほどは黒留袖の在庫を持ち合わせていません。

それほど黒留袖を購入する人は減ったとみて良いです。

今はレンタルした方が良い着物を選べて、経済的かもしれませんね。

 

結婚式で着るベストな着物【甥、姪の場合】

主役はあくまで甥や姪、その家族であることを念頭においてください。

装いとしたら、控えめの着物が良いですね。

着物を選ぶとしたら、柄が控えめな訪問着や付け下げ、色無地が理想です。

貴方の兄弟、姉妹の子供が主役である為、華やかな結婚式に華を添える意味でも着物姿で出席することこそがはなむけといえます。

着物姿で出席することに意義があるため、華美にならずに控えめな装いで出席したいものですね。

50代ともなると訪問着や付け下げ、色無地の1枚はお持ちだと思います。

結婚した時に作った着物が50代の今派手でなければ問題なく着用しても良いでしょう。

仮に、今着るには派手な着物をもっている場合は早めに専門店に相談して染め直しや、購入して対応しましょう。

とはいえ、予算的なこともあると思います。手落ちの帯を中心に、着物を買い直すのか?レンタルするのかを検討しましょう。

 

結婚式で着るベストな着物【職場の同僚、知人の場合】

末席で主役を引き立てることに注力しましょう。

無理に着物で参列することはありませんが、相手を敬う気持ちがあって着物で参列する場合は付け下げや色無地が無難です。

あまり華美になりすぎない配慮が必要ですが、ある程度節度を持った着物姿で主役を演出しましょう。

関連記事

【50代女性】結婚式で着用するベストな着物は?|まとめ

50代女性がお祝いの席で着物を着る時は様々なシーンがありますね。

貴女のお子さんの場合は必ず黒留袖を着ますが、親戚としての装い、職場や知人への敬意を払うための装いなど気を遣う場面もあります。

一年で総何回もないお祝い事ですので、良い機会と思い着物で参列して相手への最高の敬意を払いましょう。

購入して持っている着物そ着るもよし、ここぞとレンタルするもよし、今現在に合わせて着物を楽しんでください。

それでは。

〈スポンサーリンク〉




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kiyosan

着物専門店で20年程勤務してます。 冠婚葬祭・通過儀礼の着物 普段のカジュアル着物まで、オールラウドにアドバイスしてます。 家族行事は全部着物で参加した2児のパパです。

© 2021 キモノ部屋 Powered by AFFINGER5