着物普段着

裾よけと肌襦袢の違いをズバリ解説。おススメ品も紹介します。

悩む女性
裾よけとか肌襦袢ってよく聞くけど違いはなんでしょうか?着付けをお願いするときに準備してほしいと言われますが、違いがわかりません。教えてほしい

 

 

こんな質問にお答えします。

 

着物を着るときに専門用語がわからずに着付けをお願いするときに知らないと恥ずかしいと考える人もいます。

 

実は、着物の専門用語がわからい人もたくさんいますね。

 

本記事の筆者は着物専門店で老舗20年働く現役店長です。

 

10年ほど前から「裾よけ」や「肌襦袢」がわからない人が増えてきた印象です。

 

この記事を読んで違いを理解してスッキリしてください。

 

こんな方におすすめ

  • 裾よけってどんなもの?
  • 肌襦袢ってどんなもの?
  • おすすめ品はある?

 

最後までごらんください。

 

 

裾よけと肌襦袢の違いは?

着付けの準備品で必ず用意しないといけませんが、違いを分かりやすく説明すると

 

  • 肌襦袢は上半身の下着
  • 裾よけは下半身の下着

 

の事を指します。

着物を着る時の下着で必ず必要です。

 

長襦袢と肌襦袢の違いは長襦袢と肌襦袢の違いは言葉は似てても用途は全く違います。で解説していますよ。

 

肌襦袢を着る意味

肌襦袢の役割は着物を着る時の「汗取り」です。

 

着物を着る時は、下着、肌襦袢、長襦袢、着物と着なくてはいけません。

 

当然体感は暑いし、苦しいです。なので、しっかり汗取りをしてくれる肌襦袢を着る必要があります。

 

あなた自身の汗取りの役割で肌襦袢を着ますので、しっかり汗を吸い、丈夫で長持ちする物を選びたいものですね。

 

裾よけを着る意味

裾よけの役割は「裾さばき」をよくするためです。

 

当然、上半身と素材は違うべきです。

 

安価なワンピース型のスリップを購入すれば、下半身も綿素材でできていて歩きにくく、しんどいという事になりかねません。

 

ワンピース型を購入すれば金額は高くなりますが、歩きやすさを求めたいなら上質なものを選ぶ必要があります。

 

ワンピース型の肌襦袢の紹介

肌襦袢と裾よけが一体型のワンピースになっているものを1着もっておくだけで十分です。

 

できれば花嫁衣裳でも使われるタイプをおススメします。

 

首回りを大きくとる事で着物を着た時も肌襦袢が見えない為、初心者でも安心して着ることができます。

 

上半身の肌襦袢部分は汗取りに適した綿素材で、腰から下部分はキュプラなどの素材を活かして滑りやすく、快適に歩くことができる物を選びましょう。

 

 

 

裾よけと肌襦袢の違いは?|まとめ

専門用語で迷うと思いますが、違いはあります。

 

用途がはっきり違うため、準備の時はしっかり揃えてください。

 

ワンピースタイプが今は主流です。迷ったときはワンピースを購入してください。

 

肌襦袢や裾よけは着物を着る時にほかの人には見えない部分ですが、あなたは快適に着物を着る為に素材を吟味したいところですね。

 

長持ちする素材重視で少し高めの物をもっておくと便利ですよ。

 

それでは。

〈スポンサーリンク〉




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kiyosan

着物専門店で20年程勤務してます。 冠婚葬祭・通過儀礼の着物 普段のカジュアル着物まで、オールラウドにアドバイスしてます。 家族行事は全部着物で参加した2児のパパです。

© 2021 キモノ部屋 Powered by AFFINGER5