着物普段着

【おススメ】トリエの薄羽織は超万能【一枚は持っておくべし】

2021年11月7日

悩む女性
着物を普段着で着る時に羽織って憧れます。最近温暖化で薄い羽織が流行っているそうですが、おススメってありますか?着物初心者におしゃれな薄羽織があれば知りたいです。

 

こんな質問にお答えします。

 

 

実は、近年雑誌やSNSで取り上げられ、丈の長い薄羽織が特に注目を集めています。

 

今回は、今よく売れている薄羽織の特徴とおススメの薄羽織を紹介します。

 

大人気の「トリエの薄羽織」にスポットを当てて紹介しますので最後までご覧ください。

 

この記事を読んでほしい人

  • 羽織ってどんな物?
  • 薄羽織っていつ着るの?
  • どんな種類があるの?

 

羽織とコート(道行・道中着)との違い3つ

基本的に着物の上に着る上物(うわもの)には使い分けが必要です。

 

羽織のポイント

防寒で着用できる

普段着の着物のみ着用可

室内で脱がなくて良い

イメージとしたらシャツの上に着るジャケットのような感覚でOKです。

 

ジャケットは室内でも脱がなくても良いですよね?

 

コートのポイント

防寒で使用する

フォーマル・普段着でもOK

室内では必ず脱ぐ

 

トレンチコートなどを想像してくだいさい。

 

室内に入る時はクロークなどに預けることになります。

 

着物の上に着る物ですが、TPOによっては使い分けが必要です。

 

注意しておきましょう。

 

普段着の着物に上物を着る場合はおしゃれの追求として羽織がおすすめです。

 

羽織と薄羽織の違い3つ

それでは、羽織と薄羽織の違いを見ていきます。

 

  • 裏地(羽裏)がついているか
  • 防寒用かチリ除け用か
  • 重たくないか

 

裏地(羽裏)がついているか

羽織やコートには基本的には裏地(羽裏)という物が付いています。

 

着物に袷、単衣の違いがあるように、上物にも裏地を付けて仕立てるというのが一般的です。

 

ここ数年温暖化の影響で防寒という目的で羽織やコートを着る事は少なくなりました。

 

裏地を付けないという選択肢も出てきました。

 

防寒用かチリ除け用か

一般的な羽織は裏地を付けて仕立てます。

 

ですが、ここ最近の羽織の傾向は裏地を付けない、「チリ除け」「ひっかけ防止」という観点から羽織を着る目的も変わりつつあります。

 

羽織を着る目的を明確にして着用しましょう。

 

今は、防寒<チリ除けが主流になりつつあります。

 

重たくないか

下着+肌襦袢+長襦袢+着物+羽織を着る女性はかなりの重量になります。

 

おしゃれは我慢と言いますが、着こめば着こむほど重量は増していきます。

 

せめて上物は防寒というより、軽快な軽さも必要ではないでしょうか?

 

薄羽織を着ることで「オシャレさ」「清潔感」を演出して快適な着物姿を目指しましょう。

 

そこでおすすめ薄羽織でも人気NO1のトリエの薄羽織を紹介します。

 

トリエの薄羽織の特徴を4つ紹介

トリエの薄羽織の特徴は4つ紹介します。

 

  • サイズはフリーサイズのみ
  • 洋服の上からでも羽織れるデザイン
  • 身やつ口がなく着物がはみ出ない
  • シワになりにくい素材

 

サイズはフリーサイズのみ

サイズ フリーサイズ
身丈 約100cm
約70cm
袖丈 約48cm
前巾 約23cm
後巾 約34cm

という寸法になってします。

 

シンプルなサイズ設計です。

 

洋服の上からでも羽織れるデザイン

モダンで洗練されたデザインになっている為、洋装、和装に調和します。

 

和装はもちろんですが、洋装でもロングカーディガンのように着こなしても決まります。

 

素材がポリエステルになりますので、なで肩の人はスルスルと肩から落ちることもあります(汗)

 

身やつ口がなく着物がはみ出ない

トリエの羽織はユニセックスデザインになっています。

 

身やつ口と呼ばれる女性物特有の袖の部分に空きがない為、男性が着用しても問題ない設計になっています。

 

最大の特徴は女性の着物が袖からはみ出ないところです。

 

袖丈の長さを気にせずに着用できる為、既製品の着物を着てもサイズ感を気にせず着用できます。

 

シワになりにくい素材

ポリエステルメインの素材の為シワを気にしなく良い所が良いです。

 

外出先でも羽織のシワを気にせずに着用できるのはポリエステル素材の強みと言えます。

 

細かく畳んでバッグに入れてもOKですし、ポリエステルという素材感から多少の汚れも平気です。

 

トリエの薄羽織おすすめ3選

トリエの薄羽織を3点紹介します。

 

  1. トリエ薄羽織「オーパルフラワー」
  2. トリエ薄羽織「ドット」
  3. トリエ薄羽織「刺繍ドット」

 

素材が微妙に違いますのが、大きく違いがない為、デザインで決めて良いと思います。

 

トリエ薄羽織「オーパルフラワー」

 

詳細

価格 33,000円(税込み)
アイボリー・ブラック・ネイビー 3色
材質 レーヨン55% ポリエステル45%
生産 日本製
仕立て 単衣仕立て
着用時期 真冬の除くシーズン
TPO 普段着の着物

 

トリエ薄羽織「ドット」

 

詳細

価格 33,000円(税込み)
ネイビー・ブラック・ブラウン 3色
材質 ポリエステル100%
生産 日本製
仕立て 単衣仕立て
着用時期 真冬の除くシーズン
TPO 普段着の着物

 

トリエ薄羽織「刺繍ドット」

 

詳細

価格 36,300円(税込み)
アイボリー・ライム・ラベンダー・ネイビー 4色
材質 ポリエステル100%
生産 日本製
仕立て 単衣仕立て
着用時期 真冬の除くシーズン
TPO 普段着の着物

 

【おススメ】トリエの薄羽織は超万能|まとめ

  • サイズはフリーサイズのみ
  • 洋服の上からでも羽織れるデザイン
  • 身やつ口がなく着物がはみ出ない
  • シワになりにくい素材

普段に着物を着たい人には必須アイテムかもしれません。

 

トリエの薄羽織は「洒落で長い、薄羽織」「チリ除けに最適」「お手入れ簡単」とメリットがたくさんあります。

 

是非自分の最高の一枚を選んでみてください。

 

それでは。

 

この記事が良ければクリックお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

〈スポンサーリンク〉




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kiyosan

着物専門店で20年程勤務してます。 冠婚葬祭・通過儀礼の着物 普段のカジュアル着物まで、オールラウドにアドバイスしてます。 家族行事は全部着物で参加した2児のパパです。

© 2022 キモノ部屋 Powered by AFFINGER5